社員メッセージ

I.Mインタビュー I.Mインタビュー

20代で責任ある仕事を経験すれば
女性として豊かな人生を歩めるはずです

Webマーケティング本部 コンサルティング部 マネージャー
I.M 東京都出身

営業部との連携を取り、お客様の行うWebマーケティング施策を運用・管理。運用だけでなく、数字で出てきた施策の効果を分析、改善提案も実施。また、担当営業と共にお客様の元を訪ね、問題解決のための戦略策定に参画。

失敗の連続だった新人時代を助けてくれた
上司のような社会人を目指したい

 入社後いきなり、約100社の運用を担当することになったのですが、毎日何かしら問題が発生していましたね。それぞれに発生するタスクを管理できずに、提出物の期限が守れなかったり、入稿の間違いを起こしたり、ミスを対処するたびに落ち込みました。
しかし、直属の上司は私のそばで、一緒に怒られて、考えて、ずっと支えてくれました。私の目指す上司像は、そのときの経験がもとになっていますし、もっと力をつけてお客様を成長させてあげたいと思うきっかけにもなりました。

I.Mインタビュー

コンサルタントの仕事は
柔軟さと強さの両方が必要

 入社してからは、ずっとSEMコンサルタント業に携わっています。1年目は広告予算が少額の案件を担当していましたが、2年目からは10社ほどの大型案件をより深く見るという立場になりました。具体的には、営業が立案した戦略を基にお客様のご要望とご予算に応じて実際の戦術を組み立てて、実行していくという役割です。
 お客様と向き合い、ときにはお客様の考えにノーを言わなくてはいけない仕事です。そのため、柔軟さを持ちつつ、相手にしっかりと自分の考えを伝える強さが求められます。
 1年前から、コンサルティング部のマネージャー業務も担当しています。自分の案件を動かしながらチームメンバーのマネジメントをするのはなかなか難しいですね。私自身ソウルドアウト社内では中堅でも、世間からみたらまだまだ勉強をしていかないといけない身です。しかし若手社員はマネージャーとしての私を頼って相談してくれるので、しっかりと納得感ある答えを提示できるよう自分自身も精進していかないといけないと思っています。

「気合いで乗り切ろう!」ではなく
論理的に順序立てた説明を心がけています

 マネージャーとして日頃心がけているのは、サポートに徹すること。自分がやれば仕事が早く進んだりミスが出ないだろうと思いながらも、それをやってしまうと部下の成長につながらないので、見守るよう努めています。また週に1回行っているチームミーティングの席で、自分たちの仕事がどうすればもっと上手くいくか、各メンバーに発表させたりしています。
 私はもともと体育会系の性格なので、ついつい「気合いで乗り切ろう!」と言ってしまいがちです(笑)。でも、論理的に物事を考えられるメンバーが多いので、きちんと意見を言わせたい。それに対して、こちらも順序立てて説明するように意識しています。

I.Mインタビュー

結婚や出産をしたあとも
もっと貪欲にアグレッシブに働きたい

 男女問わず、自分自身で考えて行動を起こすことのできる社員がたくさんいます。また会社側も、多種多様な責任ある仕事を任せてくれる風土があります。
若いうちに権限を与えてもらえて、いろいろな経験ができるということは、私の場合であれば、女性としてのキャリアを作っていく上で、プラスになると考えています。育児休暇や介護休暇、女性であれば産休もあるかもしれませんが、そういった長い休みを取った後も、休む前にどれだけのことができたかによって、復帰後の選択肢も変わってくると思うのです。会社としてもまだまだ完璧ではないですが、みなさんが想像している以上に、働き方の多様性を受容してくれる制度や、それぞれのライフステージがフォローできる環境作りにも取り組んでいます。
 私自身、1年前に結婚をしたのですが、まだまだキャリアを重ねていきたいと思っているので、現業だけでなく、たとえば女性ならではの発想を活かせる新規事業やサービスなどにもチャレンジしたり、新たな分野の取り組みもしていきたいと考えています。前例のない挑戦を楽しめる方と一緒に働きたいですね。